ABOUT村尾沙織の作品について

MESSAGE メッセージ

表現の起点となるのは、五感を通して湧き上がる村尾沙織自身の「こころの声」。
アーティスト自身の感受性を濃厚に投影させながらも、見る人の心の状態によって感じる色が変わります。

販売作品はすべて一点一点、丁寧に描かれたオリジナル。
日常生活の中に溶け込み、そばにいる人の心に寄り添う。絵画作品を通して「本来のフラットな自分」を思い出せるような作品づくりをしています。

~宝石箱への誘い(いざない)~
「まるで宝石箱をひっくり返したようだ」
モーツァルトの楽譜をそう評した音楽家がいました。旋律だけでなく、彼の音符のひとつひとつがきらびやかな輝きを放っていたからです。
村尾沙織はコラージュニストとして全国で活動しているアーティストです。彼女の作品は非常に作業工程が多いことでも知られています。紙の選定と染付、裁断と貼り込み。そうしてできあがる画面はエネルギーに満ち溢れています。

そしてそれは、彼女の生き方そのものだと言えます。繊細でいて大胆、それを統括するバイタリティ。そのすべてがぎゅうっと凝縮された結晶が彼女のコラージュなのです。
日本の洋画家は絵具を「塗り」ますが、西洋の画家は絵具を「置き」ます。彼女はそれと同じように小さな輝くピースを気が遠くなるほど根気よく置いていきます。
この宝石箱のようなコラージュ作品を作者自身の解説で、ぜひお楽しみください。
(細密ペン画家・與倉豪)

PROFILE プロフィール

  • 村尾沙織

    ARTIST

    村尾 沙織 (むらお さおり)

    保有資格

    センセーションカラーセラピスト

    略歴

    1982年 岐阜県岐阜市生まれ
    2005年 武蔵野美術大学 造形学部視覚伝達デザイン学科卒業
    2008年「ALBION AWARDS」金賞受賞
    第2回三菱商事AGP作品買い上げ(同’09)
    2010年 メリルリンチ日本証券「未来の巨匠たち」入選
    2017年 個展(伊勢丹浦和店)、グループ展(広島/福屋八丁堀本店)
    個展(仙台三越)開催
    2018年 個展(阪神梅田本店)、グループ展(銀座)開催
    2019年 個展(秋田)、グループ展(広島/福屋八丁堀本店)開催
    2020年 個展(阪神梅田本店)(伊勢丹浦和店)開催
    2021年 個展(仙台)、女流作家三人展(広島/福屋八丁堀本店)開催

MEDIA メディア

Instagram
村尾沙織の作家活動を随時更新!
詳しくはこちら
公式LINE
新作や展覧会など最新情報がLINEに届く!
お友だち登録はこちら
YouTube
インタビュー動画やレッスン風景などをご紹介!
詳しくはこちら